Pandora‎ > ‎

Craig talks to PocketGamer


Pandora:遅くともしないよりはまし

Craig Rothwellの最新独占インタビュー by Damien McFerran

「生きとし生けるものの完璧な計画はしばしば躓きます」

信じられないほどエキサイティングなハンドヘルド「Pandora」を思い浮かべるとき、この有名な引用文を覚えておく事は価値があります。私達が2008年8月にプロジェクトの責任者にインタビューした時の計画では、2009年初頭に発売される予定でした。それは未だに果たされていません。

これはそれほど大きなショックではありませんでした。ベンチャー特有の大風呂敷として、遅れはいつも想定の範囲内でした。しかしながら、私達は公式見解を聞く為にCraig Rothwellと話しをしました。-Pandoraプロジェクトの主要人物- この独占インタビューをあなたにもたらす為に……。

Pocket Gamer: Pandoraの元々の発売日は過ぎてしまいました。Pandoraの立ち上げが遅れている理由と、前回のインタビュー以来、あなたが遭遇している問題について手短に説明していただけますか?

Craig Rothwell: 主な原因は、私達の主要なディストリビューターを失望させたメインバンクでした。信じられないほどに……。銀行はPandoraが予約を受け付けた際にどれくらい関心が寄せられているか確認しました。その時、彼らにとってあまりに大きなリスクになり得ると判断し、私達の銀行口座を凍結してしまいました。私は、彼らが世界各地に散らばっているたった数人の無名な男達がPandoraのようなモノを作ることが出来るはずが無いと考えたのだと思います。

彼らは(通常なら)任天堂やソニーのような大企業のように(開発に?)数百万ドルの費用が掛かるのではないかと危惧しているように見えました。なので、私達はもう一度全体のプロセスを見直さざるを得ませんでした。その事(プロセスの見直し)がもたらした良い面は、PandoraのRAMが128MBから256MB、またNANDが256MBから512MBにアップグレードする事が可能になったという事です。(調達コストの下落の為?)

昨今の世界金融危機はPandoraの生産にどの程度、悪影響を与えたと思いますか?

主な問題は急激な通貨の変動で、幾つかの国でPandoraの価格が以前より高くなってしまった事です。別の問題は、LCD等の供給企業が部品のストックを取り置きしてくれないという事です。その為、パーツを全て揃えるのに掛かる日数がより長くなりました。私はこの様な状況下での開始がベストであると思っています。後は良くなっていくだけですから。私達は銀行(が下した判断)を(プロジェクトを成功させて)見返してやるつもりです。

あなたが対処しなければならなかった幾つかの問題は、任天堂やソニーのような大企業ならば、単純にお金で解決出来る類のモノです。しかし、あなたは明らかに小規模です。そのオプション(お金で解決)は使えません。「嗚呼、これはもう駄目かもしれないな」と思った瞬間はありましたか?

頭の中で想像して下さい: あなたは新しい車を手に入れます。それもスポーツカー。そして、何人かの友人と試し乗りをしに、荒野へ向かいます。その時、車が動かなくなりました。やがて辺りは暗闇に包まれてしまいました。あなたは地図を持っていません。その時点であなたは解決策を見つけて、何とか上手く切り抜けねばなりません。それはむしろPandoraプロジェクトをどう進めるべきなのかという事でした。

そして、多分最も良いポジションです。何故なら、あなたが解決しなければならない事を知っているので。そして、あなたは次の朝、笑顔で帰って来るでしょう(時間がかかっても、自分達で最後までやり抜く覚悟だったという事なのかな?)。もしも私達がスタート地点に戻れるなら、あんなに野心満々でチャレンジしないだろうなというのが、正直な感想です。あの時、現在の状況を知る事が出来なかった事は良いことでした。知っていたら、Pandoraを計画しなかったかもしれません。

コミュニティはこの遅れをどう扱いましたか?

彼らはその事に関して非常に寛大でした。それ(そして、通常どんなニッチマーケットも)が、最先端のプロジェクトの本質として遅れる可能性があるという認識に慣れていました。同じ時期に3Dチップのドライバーに着手する事が出来ました。そして、それによって何が出来るのかというビデオを提示する事が出来ました。

デバイスが製品版に移行する際に、何かハードウェアかケースデザインの著しい変更点はありましたか?

私達が行った唯一の変更は改良点のみです。何一つ、ダウングレードの為の変更は考えていません!

ソフトウェア側はどのように進歩していますか? OSは完成していますか? また、どのような種類のエミュレーター、アプリケーションが現在サポートされていますか?

(皮肉にもハードウェアの)遅れにより、(ソフトウェアは)飛躍的に進歩した領域の一つです。v0.1(未成熟?)なOSを得る事よりも、カスタマーは3Dとビデオ・アクセラレーションを伴った、より成熟したOSでスタート出来る方が嬉しいかもしれません。既にQuake3が動作します。高解像度ビデオとフルデスクトップ環境も動作します。

最終的なユニットが出荷される時、どのようなソフトウェアがバンドルされると予想しますか?

私達はiPhoneのような「大きいアイコン」がセットアップされたベーシックなOSで出荷すると予想します(Matchbox?)。また、あなたがPCで目にしているようなフルデスクトップ環境も選択出来るようにしたいと思っています。また、Firefoxや今までビデオで公開したようなデモやゲームも使用出来るようにしたいです。

初期ロット(プロトタイプ?)が出来上がった後はソフトウェアのみに集中するのでしょうか? あるいは、コミュニティからのフィードバックによるハードウェアの改良も進めるでしょうか?

ハードウェアがかなり確実なモノになるのを願っています。次のステップは生産ラインに載せることです。このプロジェクトがどのくらい大きなモノになるのかを見ていて下さい。私達はOSのアップデートを絶やさないでしょう。しかし、オープンソースの真の本質は自分達の手で多くの事が出来るという事です。

Pandoraの為の商業ゲームが現実のモノになるかもしれないと示唆されました。この事について、もう少し詳しく教えていただけますか? 関心があるパブリッシャーや開発者からの接触がありましたか?

幾人かがPandoraで使用しているOMAP3プラットフォームに関心を抱いています。これはかなりユニークな状況です。必ずしもPandora自体が開発者を惹きつける必要はありません。OMAP3プラットフォームがそれを担います。電話機、netbooks、PDA、及びゲームシステムとして数百万人が手にするでしょう。私達はPandora上でも動作可能なOMAP3向けの商業ゲームが出て来るだろうと思っています。

Pandoraの開発によって、どんなレッスンを学びましたか? そして、もし最初からやり直す事が出来るのなら、異なったやり方をするでしょうか?

私達が多くの間違いを避けることが出来ると思います。それはラーニングカーブです。人々はこのような製品を製作するのにどのくらい(期間、コスト等が)必要なのか知りません。あなたはこのようなシステムのほとんどが中国から来ているのを目にしています。しかし、真実はそれらの大部分がケースが異なっているだけで、中身は全く同じモノだという事です。

ゼロから全てを立ち上げるのは、例外的に複雑であって時間がかかります。もし、再びこれをするのなら……。数年後のPandora2と言い直しましょう。確かに私達は遥かに正確なプランで、より速く事を進める事が出来るでしょう。それは少しの悪夢と対照的にたぶん楽しい経験でしょう。

皮肉にもGPHのWiz(Pandoraのライバルと見られている)も、大幅な遅れを経験しています。未だに、あなた名義の会社を通じてイギリスでWizを販売する事を考えていますか? また、最新の状況を掴んでいるでしょうか?

はい。私達はまだ販売するつもりです。A320とSmart Q5のような他の様々なデバイスと同様に。それは単にこのようなプロジェクトには遅れが付き物であるというサインです。GPHは私達と同じ様な銀行問題を経験しているのかもしれません。しかし、彼らはそのような状況に関して、オープンにしない方針です。私はWizが5月に発売されるのではと思っています。

これを読んでいる誰かがPandoraを購入したい場合、第一バッチの事前予約にまだ空きがあるでしょうか? もし無いのなら、第二バッチの製造ラインはいつ稼働するのでしょうか?

第一バッチの事前予約をする事は可能です。私達は予約したにも拘らず、未だに再オーダーの可否要請に応じてくれない人の為に、約200台の余裕を保っていました。現在、それらのユニットは新たにPandoraを求めている人達の為に開放されています。もし最初のバッチのPandoraを手に入れたい人が居たら、openpandorasales@gmail.comにメールして下さい。

私達と話す為に貴重な時間を割いてくれたCraig Rothwellに感謝します。


原文

Pandora: Better Late than Never http://www.pocketgamer.co.uk/r/Various/Pandora/news.asp?c=12567


Comments